集中力移動法

集中力移動法


Yahoo!ブックマークに登録
視点を、スムーズに移動できるようにするためのトレーニングとして、
「集中力移動法」というものをやってみましょう。
lesson2sample.jpg
これも、自分で作るならば、直径8mmくらいの黒丸を、
たて一列に等間隔11個並べます。
並べた黒丸のセンターを一本の線で結びます。
これで完成です。

ファイルダウンロードできるようにしました。4月16日[PDFファイル]

やり方は、丹田式呼吸法をしながら、一番上の黒丸からゆっくりと視線を次の黒丸へ
移動させていくというやり方です。
最初の黒丸から、6秒間(吸い込む時間)をかけて、次の黒丸へ。
次の息を吐き出す12秒のうちの最初の6秒間で次の黒丸へ、
7秒目から12秒目までをかけて、次の黒丸へゆっくりと線を追って視点を移動させます。

これが、結構難しいです。おもわず次の黒丸へ視点が移ったりするんです。

なんども、トレーニングするしかないですね。
速読は、トレーニングをやればやるほど、上達するそうです。
やったぶんだけ、自分に帰ってくるってことですよ。
私はできるだけ毎日1時間練習すると心に決めてやっています。

自分で用意する紙の作り方を詳しく知りたい方は「1冊を1分」のスーパー速読法(570円)をみて下さい。このサイトでダウンロードできるようにしているPDFファイルはこの本を参考に作っています。
関連リンク:
→丹田呼吸法
→一点集中法
→集中力左右移動法
→集中力上下移動法
→集中力対角線移動法
→集中力円移動法
→集中力を高めるツボ

Yahoo!ブックマークに登録
Menu
自分でする
速読トレーニング法
実践!3か月速読チャレンジ
速読本・速読ソフト
DSの速読ソフトレビュー
管理人の独り言
書籍
LINK
即効マスター らくらく速読ナビ
ソフト
速読にちょっとだけ興味がある!そんなあなたが最初に見るサイト。速読を3か月でどれだけマスターすることができるのか?仕事の効率を上げて自分の時間を作りたいそんな思いで、速読にチャレンジします。