集中力左右移動法

集中力左右移動法


Yahoo!ブックマークに登録
速読には視野の広さが必要になります。
なんといっても、速い人では1ページを1秒で読んじゃう人もいるくらいですから。

通常、普通の人は一度に大体7文字くらいを一度に認識するそうです。
これを訓練によって
倍の14文字そして1行、1段落、1ページ、見開き2ページとなるように
視野を広げるトレーニングをします。
いくつか視野アップのトレーニングがあり、今回は左右の視野力アップのトレーニング方法です。
lesson3sample.jpg
ファイルを用意したのでダウンロードしてみてください。[PDFファイル]

黒丸が並び、黒丸と黒丸の間に線が引いてあります。
左上から右上へ、そして次の行の左上2番目から右上2番目へ
といった感じで、目線を動かしていきます。

顔を動かさないように、姿勢は丹田呼吸法と同じスタイルで、行います。

各黒丸にしっかりと焦点をあわせ、できるだけ早く次の黒丸へと移動させます。
一番したまでいったら、下から上に同じ要領で進めていきます。
線を目で追うのではなく、黒丸に焦点を合わせるように!

これを1分間行いましょう。
この訓練の目的は、目の移動速度をあげることなので、
呼吸法よりもそちらを重点にして、なれてきたら丹田呼吸法もできるようにしましょう。


自分で用意する紙の作り方を詳しく知りたい方は「1冊を1分」のスーパー速読法(570円)をみて下さい。このサイトでダウンロードできるようにしているPDFファイルはこの本を参考に作っています。

※あくまでも、私がスクールで学んだことや、いろいろな書籍をみて自分でやってみていることです。きちんと理解したい人は、それぞれの速読法の書籍やスクール、ソフトなどを検討されることをおすすめします。

関連リンク:
→丹田呼吸法
→一点集中法
→集中力移動法
→集中力上下移動法
→集中力対角線移動法
→集中力円移動法
→集中力を高めるツボ

Yahoo!ブックマークに登録
Menu
自分でする
速読トレーニング法
実践!3か月速読チャレンジ
速読本・速読ソフト
DSの速読ソフトレビュー
管理人の独り言
書籍
LINK
即効マスター らくらく速読ナビ
ソフト
速読にちょっとだけ興味がある!そんなあなたが最初に見るサイト。速読を3か月でどれだけマスターすることができるのか?仕事の効率を上げて自分の時間を作りたいそんな思いで、速読にチャレンジします。